梯子を外して梯子をかけて

梯子をかけたり外したり、下で仕事をしてますが、のぼってみたりはいたしません。
<< ひさしぶりにサッカーを見たよ | main | 札幌に居を構えた方が安上がりだよ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
クソゲー
漫画の帯風に


アレクセイ=パジトノフ氏も大絶賛するであろう!!
「このソフトの楽しさは私が保証する」

エリック・チャイが放つ魅惑の世界!!
アウターワールド





五月雨を、集めて早し、モナカうめぇ!


はい、というわけでね、がのさんから貰ったアウターワールドをやっているのですが、こういうと少し語弊がありまして、何がどう違うのかというと、やって「いた」のですよ。いわゆる過去形ですね。


とはいえ過去形にも色々あり「声優だったけど今は歌手」「AV女優だったけど今は声優」「auガールだけど声優ってなに?」など豊富なバリエーションがあるわけで一概にこれらの過去形と一緒くたに括られるのも癪なんですが、まぁこの際言い合いは無しにしましょう。いや、まぁこっちが一方的に言ってるだけなんですがね。細かく見るとそんなに多彩なバリエーションでも無いですし。


んで、なんで「アウターワールドをやっていた」なんて過去形になったのかと言うとですね、それは山よりも高く海よりも深い言い訳があるわけでして、とにかく就活が忙しいって言おうとしたんだけど、ここがニホンゴのムズカシィ所でして、前もって「言い訳」なんて言っちまった手前、何を言っても言い訳になってしまうわけですから、ここは正直に言うしかありませんね。「とりあえずクリアはしたんですよ」





なんでやねん




こんなに煮え切らないエンディングはコンボイの謎以来ですがね。




いやいや、開幕当初からね、なんかきな臭い感じはしてたんですよ。「あ、こいつはやるな」っていう、一種の雰囲気が漂っていた。それはズバズバ見抜けたわけですよ。なんかひさしぶりでしたね、こんなに命の儚さというものを痛感されるゲームは。深い。まったくもって深いゲームだ。



命の尊さとやらを謳う日韓映画の製作スタッフに是非やってもらいたいゲームですね。いや、本心からそう思う。エリック・チャイが君達の映画を見たら多分、笑い転げると思います。人間1人が死ぬ死なないで何時間かけてんだと。こちとらゲーム開始15秒も待たずして奇形の海藻物に食い殺されとるわいと。そして開始30秒足らずで変なナマコみたいな奴に刺され毒死しとるわいと。正味な話、人を泣かすのに2時間もいりませんね。そんなに泣くことに餓えてるのなら、二時間かけて「助けてください!」だとか「瞳をとじて〜」だとかの感動巨編を見させるよりも、アウターワールドを30分でいいからやりゃいいんですよ。恐らく泣くから。だって私は泣きましたもん。一分に一回のペースで人が死にゃ、さすがの私も泣きますよ。



でもね、実はこのゲーム、確かに理不尽な死に方ばかりだし、謎解きのヒントは一切無いんですが、面白いんですよ。段々、クセになってくる面白さがある。だからクソゲーの部類じゃありません。私の経験則から言いまして、これがクソゲーならテイルズオブデスティニー2はホモクソゲーですし、アポなしギャルズお・り・ん・ぽ・すはカラス除けにどうぞって感じになっちゃいます。どっちも紛う事無きクソゲーなんですが、それらに比べりゃアウターワールドの世界観など芸術的と言っても過言では無いですね。確かに良ゲーでは無いですが、愛すべきゲームの部類に悠々と入る存在であると思うんです。そう。




ゲーム史上・・・いや歴代の映画を探しても類のない、スペクタクルなエンディング。この続きは是非、あなたの目で!!

エンディングを除けばの話なんですが。




私はね、昔からクセのようなものがありまして、一度クリアしたゲームをもう一度やるってのが習慣なんですよ。それが「コンボイの謎」でも「東海道53次」でもクリアしたゲームはもう一度やるんです。でも、今回ばかりは出来なかった。いや、わかってるんですよ。私もそれなりにクソゲーで武芸を養ってきた者ですから、このエンディングが味なのは重々承知なんです。でもね、ヤル気が起きないのですよ。あのラストシーンにデカデカと飾られた「THE END」という文字を見た後の放心状態から、いまだに立ち直れていないんです。もう私も歳をとっちゃったのかな・・・



だから私は冒頭に「アウターワールドをやっていた」と過去形にしたわけなんですね。本来なら、あのエンディングが夢落ちなら、今も私はアウターワールドをやっていたと思うんです。レスター・ナイト・チェイキンがちょいとグロテスクなナイツの世界に彷徨っていたのなら、私は今も水死ばかりしていたと思うんです。




死ぬべくして死ぬ奴の顔って多分こんなんだろうね
↑このように



そのような理由で私はあえて過去形で申し上げたわけなんです。どうしてもエンディングが解せない。理性では味だとわかっていても、本心から納得できない。ほんと、自分が老いたことを痛感いたします。



でも決して勘違いしないでください。アウターワールドは間違いなく面白・・・くはありませんが、間違いがあるという事をわかった上で楽しむゲームです。その点を重々承知の上、アウターワールドをやってくださった場合、必ずや貴方を「みちの せかい」に誘ってくれるでしょう。面白さは私が保証します。



いや、ごめん、そこまで保障はできません。だってほら、私ってそんな、ね、たいした人間じゃありませんから。私のような人間がアウターワールドという壮大な物語を保障しちゃ、ちょっと失礼に値します。ね、いや、本当ですって、自分の保身とか関係なく本心からそう思ってる。うん、誓って約束するよ。面白さは約束しないけど、保身じゃ無いって事だけは約束する。



だからその代わりと言っちゃなんですが、ゲーム批評の第一人者のとある方を呼んでいるので、その方に保障してもらうことにします。



「ゲーム批評の第一人者」と聞いてお気づきの方もいるでしょう。そう、その方と言うのは、あの世界規模で大流行し、日本でも社会現象とまでなった「テトリス」の開発者であり、ほかにも「ハットリス」や「ハットリス」など記録には残らなかったが記憶には残った作品を一つだしてキラ星の如く消え去っていった、あの、アレクセイ=パジトノフ氏でございます!いよ!!パジちゃん!!パチパチ!!




というわけで、もう書くのも面倒臭くなってきたから、パジちゃんの方にパパっと保障して頂きましょう。





パジさん

楽しさはパジちゃんが保証してくれました。面白くなけりゃ今も多分マイクロソフト社にいるだろうパジちゃんに文句言ってください。



ついでに「ハットリス、くだらねぇぞ!」って言っといて。

| クソゲー | 22:21 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 22:21 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tarori.jugem.jp/trackback/19
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/03/06 10:55 PM |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE