梯子を外して梯子をかけて

梯子をかけたり外したり、下で仕事をしてますが、のぼってみたりはいたしません。
<< いつ使うのかわからないんで | main | 四月だーー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ネタに出来るものは何でもするという精神が足りてない
毎日更新をしているわけじゃ無いとはいえ、中学二、三年の時から日記系サイトをやってますからね。さすがに10年近く、珍聞ソースの駄文書きをやってればヤル気も減退してくるわけでして、こうなりゃ更新できればなんでも良いみたいな雑食精神で生きていこうと思うわけですよ。そこまでしてブログをやる意味なんて角砂糖の欠片ほども無いし、ぶっちゃけ足の爪に引っかかった毛玉ほどもヤル気がないんですが、人生の大体半分くらいの月日を費やし無理やり継続させている事柄なんて、サイトやブログ更新を抜かせば「生きる」くらいしか残らないですからね。こうなりゃ自棄のやけっぱちって感じで、私の一生を賭してでも下らない文章を書き続けていこうと思うわけです。
んというわけで、せっかくなけなしのやるきを叩いて更新しようと思いたったわけですから、今日は「これからは色んなことを書いてくぞ!」という意志を込めて音楽の話でもしていきますかね。つっても「俺が選んだ珠玉の100曲!」なる珠玉具合を限りなく薄めたフォルダの中に入ってる音楽をランダム再生して、それらをニコ動で検索(釘宮ボイス)。著作権無視の音楽付き動画にリンクを貼って、それにコメントしていくという愚にもつかない話をしようとしているんですが。まったくもってクリエイターにとっては片身の狭いご時勢ですわな。とはいえ、一応、amazonのリンクも貼っとくので、気に入ったら購入してください。もちろん、当ブログに申請なんておりるはずも無いのでアフェ無しです。これだと「他人の褌をまいて相撲をとり、なおかつオイラの身銭をくすねようだ〜なんて盗人猛々しいわ!」とかぬかして、わざわざ直リンを使用せずに、グーグルを迂回してからアマゾンに行くような私みたいな人間も、安心してアマゾンに直行できますね。自分のことながら、本当に器が狭いと思います。



珠玉の100曲のうちの、テキトウな10曲


一曲目:スチャダラパー『get up and dance』




amazon -『スチャダラ外伝』-

「一曲目は出来ればみんなも知ってるような奴をお願いしたいなぁ〜」だなんて思ってたら、嫌だうちのパソコンちゃん。超「空気読んで選曲してみました」って顔して選んできたのがコレですって。2000年代も後半に差し掛かった所でポンキッキーかよ。フルマラソンで40キロ地点に給水所を置くような感覚。しかも中身は炭酸を抜いたコーラ。バキかお前は。うちのパソコンは持ち主に似て、モテる気配がまったくしないね。今さらスチャ様を出したところで、一週周ってカッコイイみたいな雰囲気にはならねぇだろうよ。なにより女子高生が食いつかない。今、女子高生の間で一番流行ってるマックブックAirだったら、絶対「モノノケダンス」辺りを引っ張ってきてた。でも、この曲、好きだから由。下手なラップを作品にしてしまう脱帽の一曲。底抜けの明るさとバカみたいな歌詞の洪水に「あの小説の中で集まろう」なんて川上未映子も裸足で逃げ出すような一遍の詩を混ぜてしまう世界観は、今でも充分にエッジが効いている。


二曲目:キリンジ『愛のcoda』



amazon -『スウィートソウルep』-

ランダム再生の良い所は、一見してつながりそうも無い曲と曲の間に、奇妙な相互関係があったりする所だと思うんだけど、こういう「オリジナルCDを作るときは絶対一緒に選曲しない」感じもまた面白い。けど、この落差には、さすがについていけなかった。さっきまでの筆が勝手に進む感じはどこへやら。一瞬にして気分が滅入る。一瞬にして死にたくなる。やっぱランダム再生は諸刃の剣だ。

とはいえ、「愛のCoda」はもともと死にたくなるような曲なので、別段問題は無い。ニコニコのコメントでもあるように、この「良い意味で80年代」的曲調は、私のストライクゾーンど真ん中。歌謡曲万歳ですよホント。ジャニーズ辺りでこの路線を追求したら、恐らく後20年はメジャーシーンを牽引出来ると思うね。思うだけで、現実としては出来ないだろうけど。やったらやったで、文句を言いそうだし、自分。

それにしてもこの「愛のcoda」が収録されている「スウィートソウルep」。改めて考えてみても、本当に凄いアルバムだな。この作品を買って以降、他の歌手のミニアルバムを買うと、損した気持ちしかしなくなってしまった。多分、キリンジを聞いてない人に「ベストアルバムだよ」って言ってもバレ無いと思う。冨田恵一の仕事の中でもベストだったんじゃないだろうか?間違いなく2000円以上の価値はあるので、持ってない人やキリンジに興味の無い人はこれだけでも良いので買って欲しい、だなんて、捻くれた私が素直にお勧めできる逸品。


三曲目:大貫妙子『春の嵐』



amazon -『コパン』-

本当は「春の嵐」が流れてるんですが、ニコニコにゃ〜んなもんねぇよって唇お化けに言われたんで、仕方なくメトロポリタンを。聞けない曲にグチグチ講釈垂れても仕方ないので、とりあえず「そういう曲があるんだよ」って程度に。

音楽評とかをやってる人に言わせれば「ヘッセのゲルトルートから取られたと思われる題名は、その冠に違わぬ名曲である。」みたいな出だしで語られるんでしょうが、私に言わせりゃ「聞くと死にたくなる曲」です。二曲連続で死にたくなるってのは、このパソコン、間違いなく私を殺しにかかってます。アルバム「コパン」に収録されている作品で、またこの「コパン」も素晴らしいんですよ。アレンジに我等が教授も参加しているわけだから外れのはずも無いんだけど、発売が自分の生まれた年とほぼ同時期なはずなんで、発売した年に生まれた赤ちゃんから共感を得るってのは、きっと変な感覚なんでしょうね。


四曲目:冨田ラボ 『眠りの森 feat. ハナレグミ』



amazon -『シップビルディング』-

偶然か必然か。キリンジ、大貫妙子ときて、ここでハナレグミの眠りの森である。三曲続けて冨田ラボが関係しているアーティストってのは、自分の作ったフォルダながらランダムとは思えない。こりゃ、もう運命ですね。さすがは同郷のよしみ。旭川に生まれてよかったー!(鼻穴を拡張し、肌を浅黒く塗って大絶叫) いや、この選曲に私だけ笑ってるってのは、究極的な自慰行為だってのは理解しているけど、ニヤニヤが止まらないんだから仕方ないじゃないですか。

ここ5年で、唯一シングルで買った作品。基本、冨田ラボ関連の作品は無条件で買いだと思っているけど、まぁアルバムで十分だよな、なんて生ぬるい事を平然と言う腑抜けたファンの私です。が、これはラジオで聞いた瞬間、急いでマキシシングルを買いに行った覚えがあります。そして後日、マキシの発売一ヶ月前に出ていたアルバムに、きちんと収録されていたと知って愕然とした覚えも。バカがイキると馬鹿を見る、その典型例ですね。ただ愕然とはしたけど、後悔まではしなかったのは、この曲がそんな失敗すらも包み込んでしまうほど優しさに満ち溢れ、所々に切なさを隠していたからなんじゃないかと。もちろん、1000円2000円など屁でもねぇ、財政的な強さを持ってたからってのもあるんでしょうが。今だとそうはいかないな。学生よりも社会人のほうが金は無い。


五曲目:イルリメ 『元気でやってるのかい?』




amazon -『イルリメ・ア・ゴーゴー』-

案外、泣き系の曲が多いフォルダになってることに気付いた。そんな感動に飢えてんのか、自分?

書きたい事は山のようにあるのに、時間が無いという、いつもとは逆のパターンに陥っています。大体、音楽に関するコメントなんてのは、その必要性に疑問があって、「とにかく曲を聞け」が一番のコメントなんだと思うんです。そしてイルリメに関しては、本当にその一言で説明するしかない。この文脈で言うと遅筆の言い訳にしか聞こえないんですが。まぁ、ムリにコメントをつけるとするなら、この耳障りの良さと適度に配合された脱力感が、平和な国・日本によって開花したジャパニーズヒップホップの特徴を、上手く表現しているってところでしょうか。無駄にリピートで聞きたくなる一曲です。

ちなみに今回の主旨とは関係ないけど



とか



などのシンクロ率を見ていると、イルリメの認知度はMADによって爆発しそうな予感がする。


六曲目:ゆらゆら帝国 『ラメのパンタロン』



amazon -『ゆらゆら帝国 III 』-

ほんと、いよいよ時間が無くなって来たので、一行二行でまとめていくよ。

と思ったら大好きなゆらゆらだよ。馬鹿野郎。ゆらゆらを一行二行でまとめられるかってんだ。最新アルバム『空洞です』なんて中毒患者の末期的な退廃した妄想をリズミカルに表現することで、通常体感できないようなトリップを引き起こし、いつか聴覚に刺激をくわえるだけで聖アントニウスの火に我が身を焼かれる日がくるんじゃないかと思うほどラブ&ピースだってのに、そのゆらゆらの「ラメのパンタロン」を一言で表現しろってなら、ようはケツから捻り出るものによく似てる音楽だよこれは。


七曲目:Qomolangma Tomato 『through your reality』



amazon -『チョモと僕は柵の中』-

本当の意味でゼロ年代の想像力とやらを体現してる。人間の究極的な目標はダラダラしている内に死んでしまう事だ、と自負する私にとってのあてこすり。良い意味でも悪い意味でも高校時代を思い出す。こういう曲を聴くたびに、アイロニストになんてなれないと痛感するよ。


八曲目:Battles 『Atlas』




amazon -『Mirrored』-


2007年、作者は病気シリーズの最高峰。ここに来てようやく洋楽。ようやく洋楽ってダジャレみたいですね。全然面白くないほうの。



九曲目:BECK 『E-pro』




amazon -『Guero』-

続いても洋楽。おかしな世界のおかしなイケメン、ベックたん。その風貌を始めて見た時は、ボブディランみたいな曲を作ると思っていたが、その見解はまったく見当外れだった。このPVを今回改めて見て確信したことは、私はこの男の作り出す音楽に酔うことは出来るが、ついていく事は出来ないという当たり前の事だけだ。


栄えある最後の十曲目:アリス 『チャンピオン』



最後にきてまさかまさかのチャンピオンを持ってきた、リベラルなパソコンに感動せざるを得ない。ここに来て9曲目まで培ってきたオシャレ臭さを見事脱臭させてみせた。コメント不要の超名曲であり、私ごときが語らずとも、ここに来る皆さんならカラオケに行ったら絶対歌っていますよね。断言してもいいけど、チャンピオンを歌わないような奴はチンコがねぇ奴だから、さっさとそのチンコを取って私のと交換してください。紹介するまでも無いので、リンクは忙しい人向けにしておきました。いらんお世話だ。


最後に。
脳内妄想をダラダラ書くのにも飽きてきたけど、こういう寸評めいたものも、書いたら書いたでいつもとは違う筋肉を使っているみたいで、なんだか疲れるもんなんですね。ええ、二度としません。
| 音楽 | 16:27 | comments(0) | trackbacks(5) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 16:27 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tarori.jugem.jp/trackback/235
トラックバック
IsJueJaP助かりまくり!
IsJueJaP 旅行に行った時についでにヤって¥7OOOOもらったww 旅費が浮くどころか遊びまくったよヽ( ・∀・)ノ http://houkei.yycola.net/gyaku/IsJueJaP/IsJueJaP.html
| IsJueJaP猫背 | 2008/03/27 7:42 PM |
QOsaYqu0俺の女神様w
QOsaYqu0 俺にとって女は神様ですw 昨日も会ってきたんだけど、2回もヌいてもらって¥6ΟΟΟΟくれたよ(*^ー゜)b もうやめれん。。w http://span.yycola.net/yutto/QOsaYqu0/QOsaYqu0.html
| QOsaYqu0不死鳥 | 2008/04/01 6:48 PM |
I4e6pmYCディープすぎw
I4e6pmYC 喉の奥まで咥えられるってあんなに気持ちいいんすねww てか、反り具合がいいからって+2○○○○してくれたよ。。 イミフなんすけどwwwww( ´,_ゝ`)プッ http://web-cafe.net/room/doldol/I4e6pmYC/I4e6pmYC.html
| I4e6pmYCハメ次郎 | 2008/04/05 6:58 PM |
Di7gfl8gいやマヂでウマイわw
Di7gfl8g ないwwまじないwwwwww なんでアレだけで10マンもくれるの???ww 金持ちってスゲー( ゚д゚)ポカーン ごちそうさまでしたwww http://tomama.net/ona/Di7gfl8g/Di7gfl8g.html
| Di7gfl8gくれくれ厨 | 2008/04/12 10:59 AM |
wZP56h52いいですとも!
wZP56h52 ちょww 普通のロー○。ンをあんな風に使うなんてどういうテクしてんだよww ちょっとウ○コ漏れたのに5マン振り込んでくる金持ちの勢いには参りましたwww http://raki-sta.net/wataona/wZP56h52/wZP56h52.html
| wZP56h52大乱交スマッシュブラジャーズ | 2008/04/16 3:08 PM |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE