梯子を外して梯子をかけて

梯子をかけたり外したり、下で仕事をしてますが、のぼってみたりはいたしません。
<< 浦和の時代が来るのだろうか? | main | 5分でブログを更新しよう >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ドロヘドロを読もう
漫画って素敵ですよね。


あらゆる可能性、あらゆる示唆に富んでいながら、子供も大人も手軽に楽しむ事が出来る希少な娯楽媒体です。娯楽という言葉をそのまま漫画に直結させても、決して言い過ぎでは無いと思います。


齢21にもなる私ですが、幾年月日が過ぎようと、漫画のない生活なんて考えられませんし、おそらく、そんな時代はこないでしょう。そう断言できるほど、漫画は私の生活レベルに根差しています。


たまに「漫画は子供の読むものだ」なんて言葉を耳にしますが、こんな素っ頓狂な言い分はありません。薄ら惚けた物言いもあまりに大概です。漫画は少年ジャンプか快楽天くらいでしか載ってないと思われちゃ心外ですよ。


どんなモノにも千差万別は付きまといます。手塚治虫しかり、横山光輝しかり。大人になってから本当に楽しめる作品なんて星の数ほど存在するのです。


ザ・シェフは大人になってから読むと、その面白さに気付くのです。クッキングパパは大人になってから読むと、その安定感に驚くのです。美味しんぼは大人になってから読むと、初期の栗ちゃんの可愛さっぷりにトキめくのです。それもわからず漫画を誤謬する知識人気取りの輩ときたら!


そんな激甚を心に宿しながらも人の風采が気になって「漫画ゴラクって面白いよね!」と大きな声では言えない「近代麻雀」定期購読組みに、私が強くお薦めしたい作品が「ドロヘドロ」、これです。


何だか薦める対象をピンポイントに絞り込みすぎて、針穴に弾道ミサイルを通すような気分がしますが、この作品が掲載されてる雑誌が「月刊IKKI」ですから、絞り込みすぎなのも無理はありません。


だってジャンプが発刊された次の日に「ナルト」ごっこをやる小学生がいたとしても、IKKIが発刊された次の日に「フリージア」ごっこをする小学生はいません。小学生が「影分身の術」は使っても、「擬態」を使う奴などいやしません。いたらいたで自分を弱者と認知するの早すぎです。なんでよりにもよって「擬態」を選ぶか。


話は逸れましたがドロヘドロ。もうタイトルからして、そこらのオチャラケた代物とは醸し出す空気が違います。「ドロヘドロ」。宇宙猿人ゴリを眺めながら、ついつい「レッドアンドブラック、レッドアンドブラック」とでも歌いだしたくなるような題名です。血肉沸き立つものを感じます。


題名に負けず劣らず、内容も素晴らしいの一言。まず最初の1ページ目からトカゲ男(主人公)が人の頭を食らってます。何の説明も無しに食らってます。トカゲに甘噛みされてる松村君(頭食われてる人)のビクビク感といったら。こいつは新手のカービーです。


あと出てくる女、出てくる女、全員可愛くありません。パッと見、男としか思えない奴が女だったりします。むしろ男の方が可愛いときがあります。絵が下手というわけではなく、可愛く書く気毛頭ゼロの男気がつまった漫画なのです。筋肉あり、乳ありのマッドビル。そこらの名ばかりの格闘少女は道をあけて然るべきです。DOAなんて糞ですよ。闘う巨乳=筋肉なんです。


しかし別にガテン系の女性ばかり出てくるわけじゃございません。数あるニーズに答えられるよう、ペチャパイだって出てきます。もちろん、性格は天然系。ペチャパイ+天然系なんて大きいお友達には生唾ものですよね。しかもご安心なさってほしいのは、優子りんのような「狙って天然やってます」という薄ら寒い感じはありません。「アイム・ハングリー」と言って人間を食おうとするほど天然ですから、この漫画、カニバリズムしすぎです。


食べると言えば、この漫画に欠かせないのは餃子。マザー2で好きな食べ物を「餃子」と設定したくらい餃子の登場頻度がハンパじゃない。恐らく、単行本1巻分で、中華一番マオの全巻分の餃子は出てきます。餃子じゃなくとも、食べ物を食ってない章がありません。多分、作者は飢餓状態で漫画を描いてるんでしょうね。とある和月先生とは対極をなしてます。臓物をぶちまける画風は似てますが。


このように、どこからどう見ても素敵エッセンス丸出しの「ドロヘドロ」。読まない手などありません。せっかく漫画大国・日本に生まれたのだから、村上春樹訳のライ麦畑なんて読むより「ドロヘドロ」。ドラゴン桜を見て行けもしない東大に思いを馳せるより、「よしの」の餃子でも食いながら「ドロヘドロ」を読むビューティフルな日々を過ごしてみてはいかがでしょうか?ほんと、掛け値なしにお薦めです。




まぁ最後までこの文章を読んでくれてる人がいればの話ですが。
| 漫画 | 09:46 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 09:46 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tarori.jugem.jp/trackback/3
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/11/10 5:22 PM |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE